ドクターMの薀蓄ブログ

あんどう歯科医院トップへ戻る
2020/07/02

お弁当

こんにちは、あんどう歯科医院 日向インプラントセンターの神村です。
ただ今、保育士さん募集中です。

息子のお弁当...
私が作ろうとすると
「学食がいい、お金ちょうだい!」と言います。
もう随分お弁当は作っていないのですが
今回は珍しく「オムライスが食べたい。」と

前回、オムライスを作った時は
身長が私より低くてかわいかった...
今は息子を見上げています。

写真
写真では分かり難いですが
大きさが前回の2倍。
タッパーに入れるのに苦労しました(汗)。

味付けがおこちゃま向けなので少し不安。
そろそろ大人の味付けにしましょうか。

2020/05/15

緊急事態宣言解除

こんにちは、
宮崎県 日向市駅東へ歩いて1分。
あんどう歯科 日向インプラントセンターの神村です。
ただ今、保育士さん募集中です。

緊急事態宣言が解除されています。
手洗い、マスク、うがい、体調管理、換気、使い捨て、消毒、滅菌、清掃…など
コロナのみならず普段から感染予防管理を徹底しています。
また、院内の本、雑誌類の閲覧、ブランケットの使用の中止、一日の診療人数の制限など
患者さまには大変ご不自由をおかけしますがご協力の程、よろしくおねがい申し上げます。

写真はコロナと全く関係ありませんが…

写真上
昨年、宮崎県立図書館で見つけた明治時代?の細島から見た日向岬
写真下
先日、携帯で撮影した日向岬

昔は道路がなく木が覆っています。
みなさん楽しそうに水遊びしていますね。
御鉾ヶ浦の沖には帆船がみえます。
今も同じ場所に小型タンカーや貨物船が錨泊しています。
日向岬は当時のままですね。

2020/03/31

新型コロナウイルス感染症対策のお願い

こんにちは、
宮崎県 日向市駅東へ歩いて1分。
あんどう歯科 日向インプラントセンターの神村です。
ただ今、歯科衛生士さん、募集中です。

新型コロナウイルス感染対策ご協力のお願い。

【当院では新型コロナウイルス感染症予防のため職員は以下のことを励行しております】

○窓や、個室診療室のドアをできる限り開放し、換気を随時おこなっております。
〇除菌水を入れた加湿器で空間除菌を行っています。
○歯科医師、医療従事者のマスク、防護眼鏡を着用
○職員の十分な手指洗浄、消毒の励行、検温
○接触箇所の消毒
○1日の診療人数を制限させて頂いています。
(緊急性のある場合はできる限り対応します。)

【患者様へのお願い】

□発熱・咳、味覚・臭覚異常の症状がある方、直近・14日以内に感染拡大地域へ移動された方に関しましては一旦,来院を控えていただくようお願いいたします。

□検温、手指消毒をお願いしております。

□待合室ではマスク着用にご協力ください。
(マスクは患者様にてご準備ください。) 

□待合室の人数制限をしております。
駐車場のお車での待機をお申し出下さい。その際、受付に携帯電話をお伝え下さい。準備が出来ましたらお電話を致します。
以上よろしくお願い申し上げます。

2020/02/27

セラミックの真実

こんにちは、
宮崎県 日向市駅東へ歩いて1分。
あんどう歯科 日向インプラントセンターの神村です。
ただ今、歯科衛生士さん、募集中です。

何年も前にこのブログでお話したことがあります。

セラミックの真実

私達の業界では高強度型(ジルコニア)セラミックをホワイトメタルと表現することがあります。
とても強度面ですぐれているからです。
通常のセラミックは、メタル素材と比較して強度が劣るのが弱点でした。
ジルコニアセラミックは、とても強度があり衛生面でも優れています。

写真 セラミックの真実
磨き残しのチェック…
赤いところに磨き残しがあります。
白いところはインプラント上部構造のジルコニアセラミック。

衛生面でとても優れているのがお判りでしょうか?
決してやらせではありませんよ。。

あんどう歯科医院では
通常のセラミック
約4倍の強度があるe.maxセラミック
さらに強度をもたせた高強度型のジルコニアセラミック
の3種類を使用しています。
これらのセラミックは審美面や強度面にそれぞれ特徴ありますので
部位や目的に応じて使い分けをしています。

疑問、お悩み事、ご不安など、なんでもご相談してください。
セラミックの真実をお伝えしますね。

2020/02/18

インプラント周囲炎

こんにちは、
宮崎県 日向市駅東へ歩いて1分。
あんどう歯科 日向インプラントセンターの神村です。
ただ今、歯科衛生士さん、募集中です。

歯を失う原因は、
外傷を除いてほとんど以下のケースです。

@ 子供の頃から始まった虫歯の再治療を繰り返した結果,
歯が消耗して壊れてしまった、もしくは化膿してしまって歯を抜くことになった。
A 大人になってから歯周病になったが放置した。その結果、歯がグラグラになり抜けてしまった、もしくは抜く必要になった。

@,Aになってしまった原因は口腔衛生管理が正しく出来ていなかったからです。

インプラントは虫歯にはなりません。
(金属ですから…)
しかし口腔衛生管理をしっかりしないとインプラントも歯周病と同じ症状になります。

病名はインプラント周囲炎。

一度インプラント周囲炎になってしまうと歯周病と違って進行がとても速く、発見が遅れるとインプラントは脱落(抜けて)してしまいます。

写真上 左のインプラントがインプラント周囲炎です。
インプラント周囲の骨が大きく吸収しています。
この状態でも患者さまに自覚はありません。

写真下 リカバリー手術2年後のレントゲン写真。
骨の吸収が止まっています。
患者さんの口腔衛生管理は完璧。
よかったです…

でも油断はできないのです。

歯を失った原因を改善しないとまた同じ結果になります。

ご注意くださいね。

前ページ TOPページ 次ページ HOMEページ

あんどう歯科医院トップへ戻る
- Topics Board - Skin by Web Studio Ciel